通話料まだ減らせる
  • 課金が秒単位
  • AliveLineはなぜここまで安い?!

1.大口割引が適用されるからです!

お客様と大手通信事業者との1社単独の直接契約では、通常通話料の大幅割引を受けることが出来ません。割引を受ける為には年間数千万円以上の通話料消費が必要になります。
弊社は、国内に大量の電話回線を保有しており、大手通信会社より特別条件の大口割引の適用を受けており、それをお客様にリスクなく、環境も変わることなく提供させて頂いております。

アライブラインの大口割引サービスのしくみ

アライブラインの秒単位課金サービスのしくみ

2.最適な課金単位が選べるからです!

一般的な大手通信事業者との契約は3分単位の課金ですが、AliveLineはお客差のご利用状況に応じて、3分課金、1分課金、30秒課金などの課金単位プランが選べます。平均通話時間の長いお客様は3分課金プランを、短時間での通話が多いお客様は30秒課金を選択頂く事で、トータル通話料のコストダウンが実現します。

アライブラインの秒単位課金サービスのしくみ

平均60秒の通話時間で1ヶ月で50,000件のお電話をかけた場合の費用(例)
  1コール平均45秒でのご利用金額 月間のお電話件数 1ヶ月の通話料金 アライブラインとの差額
従来型の課金
(3分課金)
60秒通話でも
3分課金
8.64円
50,000件 432,000円 307,000円
アライブライン
60秒課金
1分課金=2.5円 50,000件 125,000円
アライブラインなら、12ヶ月で3,684,000円(71%)もの経費節減ができます!

平均時間に応じてお選びください

3.大手通信各社の「良い所取り」が実現!(IP回線発信)

通信料金の単価は、エリア(距離)、デバイス(固定・携帯)、受発信の種別で変わりますが全ての料金プランが最安値の大手通信事業者はなく、各社それぞれ得意な(安くできる)領域が異なります。IP回線(発信)の場合、IPゲートウェイシステムが発信先のエリア、デバイスによって最安値の通信事業者回線を選択して発信するので、「良い所取り」の最安値が実現します。

大手通信各社の「良い所取り」が実現!(IP回線発信)

  • 無料診断で安心スタート
  • アライブライン導入までの流れ

導入までの流れ

page top