業界最安値に挑戦する、高品質・低価格のIP電話回線サービス。

ロゴ

03-5468-6510

無料診断はこちらへ

業界最安値に挑戦する、高品質・低価格のIP電話回線サービス。

ロゴ

無料診断はこちらへ

03-5468-6510

ヘッドライン

ヘッドライン

70%〜20%のコスト削減を実現しています。70%〜20%のコスト削減を実現しています。

無料診断はこちら!

  • 都道府県 必須
  • 貴社名 必須
  • ご担当者名 必須
  • 電話番号 必須
  • メールアドレス 必須

圧倒的な安さを誇る

AliveLineの通話料単価AliveLineの通話料単価

※FD、0ABJ番号の取得費用、月額利用料、特定番号通知月額費用等のオプションの費用については実費請求させていただきます。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

30秒入力30秒入力

Q.秒課金と分課金ではどっちがお得?!Q.秒課金と分課金ではどっちがお得?!

例)1秒課金vs1分課金(例:1秒0.06円vs1分2.6秒のAliveLineのコスト比較)

貴社コールの平均通話時間をご存知ですか?貴社コールの平均通話時間をご存知ですか?

弊社お客様の業種別(一部抜粋)平均通話時間(アウトバンド)

アウトバウンドが多い事業者様はほとんどが1分以内の通話時間で、無駄な通話料が発生しています。

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

30秒入力30秒入力

貴社に合った最適な通話料のポートフォリオを組みます!貴社に合った最適な通話料のポートフォリオを組みます!

例えば…2番号で違う業務で発信している場合

AliveLineは2つのプランのいいとこ取り!AliveLineは2つのプランのいいとこ取り!

貴社に合った最適な通話料のポートフォリオを組みます!

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

30秒入力30秒入力

AliveNetとは?AliveNetとは?

アライブネットは、1999年の創業以来、法人向けにオリジナルのインターネットソリューション(ホスティング、ハウジング、各種ASPサービス、ISP、CTI、IP回線)を提供し続け、累計で1万社を超える法人のお客様とお取引頂いて参りました。
今後も、法人の皆様の収益向上に寄与する、高付加価値のインターネットソリューションの開発・構築・提供に努めて参りたいと考えております。

AliveLineとは?AliveLineとは?

業界最安値に挑戦する、高品質・低価格のIP電話回線サービスです。
IP専用電話機や専用アナログ変換アダプタをお客様のインターネット網に繋ぎ、弊社クライアント上のサーバーを経由して、ご利用頂きます。
お客様のご利用状況を踏まえて最適な料金プランをご提案いたします。

既に150社

実績紹介

太陽光発電事業者様
削減率50%
太陽光発電事業者様

課題IP電話を導入して通話料を安くしたい。

目的通話料削減につなげたい

効果年間で506万円の通話料を削減見込

保険代理店様
削減率47%
保険代理店様

課題携帯電話へのアウトバウンドが多く、通話料が増大していた。

目的通話料が増えてきていたのを少しでも抑えたい。

効果年間で348万円の通話料を削減見込

コールセンター事業者様
削減率35%
コールセンター事業者様

課題案件が増え人件費が増えてきたので、全体のコストの削減をしたい。

目的通話料を削減し、人件費にまわしたい。

効果年間で2,187万円の通話料を削減見込

通信代理店様
削減率50%
通信代理店様

課題固定電話に対してのアウトバウンドが急激に増え、通話料を削減したい。

目的通話料の削減をして、更に規模の拡大をしていきたい

効果年間で496万円の通話料を削減見込

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

30秒入力30秒入力

よくあるご質問

初期費用はかかりますか?
通常は発生いたしませんが、0120/0800番号にオプションを付ける場合は発生する場合があります。
通話品質などは問題ありませんか?
IP電話はネット回線の品質に依存します。 ただし、2017年3月末時点の全固定電話加入契約数(5540万件)のうち、約6割がIP電話(3241万件)と、IP電話の普及は著しく、現時点ではIP電話が一般的になっておりますので、最適な環境を整えさえすれば、通常では特に問題はないと考えております。詳細は営業担当にお問い合わせください。
現在の電話番号はそのまま使えますか?
0120/0800番号は番号ポータビリティにより継続利用が可能です。
利用に際して、何が必要ですか?
IP回線をご利用頂くためには、インターネット回線(1通話当たり150kbpsの確保)、Voipの利用が可能なルータ(ポート開放・QoS設定)が必要になります。また、電話機は、従来のPBX・電話機がIP対応であればそのままお使い頂けますし、PBXがIP非対応の場合は、アナログ変換アダプタ機の導入が必要になります。従来のPBXをお使いにならない場合は、IP電話機またはソフトフォンが必要になります。
詳細は営業担当にお問合せ下さい。
同時通話数の制限はありますか?
ご利用になるPBXやCTIの仕様によって異なりますが回線性能としては理論値で1000chは利用可能となっております。
通話明細の発行は可能ですか?
はい。可能です。 利用される電話番号毎、固定電話向け発信、携帯向け発信などをお選びいただけます。
インターネット回線は何を利用すればよいですか?
『光ファイバー回線』をお使い下さい。弊社では、OCNとUSENのインターネット接続サービスを推奨しております。音声通信専用のネットワークを構築されることを推奨しております。 他のデータ通信と併用する際は、音声パケットの処理を優先的に行う『QoS設定』をお願いしております。また、通話用のネットワークは、必ず有線で構成してください。
今使っているクラウド型CTIはそのまま使えますか?
まずは、クラウド型CTIを提供している事業者様にご確認下さい。クラウド型CTIを提供している事業者様の多くが、CTIと電話回線をセットで提供しており、事業者様によっては回線だけの変更を認めないというケースもありますし、回線の変更を認めるというケースもあります。AliveLineをご導入頂いている約半数のお客様は、弊社の高機能・格安のクラウド型CTIをセットでご利用頂いておりまして、回線のコスト見直しとともにクラウド型CTI}の機能・コスト見直しを行われたお客様も数多くいらっしゃいます。クラウド型CTIの見直しや新規導入をご検討されるお客様は、是非ともサポートさせて頂きます。詳しくは、営業担当までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら

30秒入力30秒入力

お電話でもお気軽に
ご相談下さい

03-5468-6510