Voiperの機能

CTIの販売を開始して以来12年間、常にグループコールセンター(400席以上)で自社利用し、その現場で生まれたノウハウをクラウド型CTI「Voiper(ボイパー)」に集約させています。

Voiper

Voiperの機能について




Voiper オペレータ
画面設定機能
顧客情報のフォーマット(オペレータの架電・受電画面)をお客様で自由に、簡単に作成が可能。
Voiper 全通話録音機能 通話内容を録音することが出来、内線や外線での検索やオペレータ毎の検索が可能で、通話内容の管理やオペレータのトレーニングなどが可能です。
Voiper リアルタイム
モニタリング機能
オペレータ名や内線番号が一目で把握出来、会話の内容モニタリングやオペレータにウイスパー(ささやきによる指導)を行うことが出来ます。
また、待ち呼数等をリアルタイムで把握、的確なマネジメントが可能です。
Voiper 顧客情報管理機能 顧客対応レベルを向上させるための、顧客情報検索、顧客情報インポート、架電禁止情報のインポートなどが可能です。








Voiper マルチテナント機能 複数業務(商材)に対応しており、各業務ごとの管理、集計、レポーティングが可能で効率的にコールセンター運営が出来ます。
Voiper アクセス権限設定 システム管理者・マネージャー以外は、担当業務のみのアクセスに制限することが可能。
システム管理者・マネージャーは全業務へのアクセスが可能で、顧客情報の管理が効率的に出来る。



|


Voiper 顧客情報レポート機能 顧客情報の抽出が出来ます。全対応の履歴と最新の対応記録の抽出が出来、一覧表示と集計形式の2種類から選択が可能。いずれもCSVでのダウンロードが可能です。
Voiper 作業グループ(ACD)
レポート機能
作業グループ毎の、着信数・応答数・応答率(%)・放棄数・放棄率(%)・放棄時間平均・放棄時間最大・放棄時間最小・通話時間合計などのコール状況を把握することが可能です。
Voiper オペレータ稼働
レポート機能
オペレータ毎の、着信数・応答数・応答率(%)・放棄数・放棄率(%)・放棄時間平均・通話時間合計や獲得数、獲得率などのコール状況を把握することが可能です。
Voiper NG分析レポート機能 NG箇所分析機能により、トークスクリプトの最適化をサポートします。予め基本トークスクリプトにナンバリングを行い、何番のスクリプトで断られたかを保存し、NGになった箇所データからスクリプトの問題点抽出を行います。







Voiper ACD機能(スキルベース
ルーティングなど)
ACD(Automatic Call Distribution :自動着信呼分配装置)機能が搭載されており、最適かつ効率的なコールセンター運営を可能にします。
Voiper IVR機能
(音声自動応答)
IVR( Interactive Voice Response:音声自動応答装置)機能が搭載されており、最適かつ効率的なコールセンター運営を可能にします。
Voiper マルチ着信
ポップアップ機能
複数業務(商材)に対応しており、各業務ごとの管理、集計、レポーティングが可能で効率的にコールセンター運営が出来ます。
Voiper 顧客画面転送機能 オペレータから上司へのエスカレーションもしくは通話転送時に受電画面も転送する「顧客画面転送機能」が搭載していますので、効率的な架電・受電業務が可能になります。








Voiper プレディクティブ・
プレビュー発信
ACD(Automatic Call Distribution :自動着信呼分配装置)機能が搭載されており、最適かつ効率的なコールセンター運営を可能にします。
Voiper 再架電
(コールバック)機能
ACD(Automatic Call Distribution :自動着信呼分配装置)機能が搭載されており、最適かつ効率的なコールセンター運営を可能にします。
Voiper 再架電先検索・
リスト割り振り機能
重要かつ貴重な再架電先を検索した後に、別のオペレータに割り当てることが可能です。
Voiper 発信リスト管理機能 アウトバウンドリストのセグメント別残数管理機能および、オペレータ別に最適なセグメントリスト(性別・年齢・地域などのデモグラフィック、過去の架電履歴、過去の受注履歴、等)を割り当て、コール業も最適化を図ります。